カンボジアの山登りの迷信


カンボジアはどこでも山はとても神聖なものです カンボジア人は山に 神様が 住んで いると  信じられで いますから。 昔の時代にカンボジアは山の国という名前で 呼ばれて いました。 その時は カンボジア人は 山を 拝んで いました。 今でも その信仰は 続いて います。どこの 山にも 祠か社が見つけられます。 ですから カンボジア人が 山登りをするとき いろいるな 迷信が あります。

山登りの前に 特別なものを いくつか 準備しなければなりません。 それは バナナとか 水とか お線香を 神様に 供えて、山登りの安全のため お祈りを します。 次に 聖水を 車とか 人々とか 流した ほうが いいものです。 そのうえ、 山登り中は 車に 乗って いても 歩いて いても 気を つけることが たくさん あります。そのときは できるだけ きたない 言葉を 話さないように します。 例えば、冒涜(ぼうとく)や、「できない」という意味がある言葉や、気分が 悪い という意味がある言葉です。 けものが くるという 意味があることを 話すと 本当に そのとうりに 起きるそうです。 家に 帰るときも 山登りのとうりに しなければなりません。
その迷信は、科学的に、あまり ただしくないそうですが、信じた ほうが いいと 思います。とにかく 山登りと言えば 大変で 危険で ずいぶん 気をつけないといけないものです。そして 気持ちをつよく 持った ほうが いいとおもいます。ですから 「できない」や「気分が悪い」と言う意味がある言葉は 気持ちを 押し込んで しまいます。 山登り前に いろいろいなものを そなえる ことに ついて その迷信は もっと やくに たちます。 昔から、いろいろいな事故が 起きて、人が 大勢 死んだことが ありましたから。 そして その そなえることは 山の神様に あいさつ するものです。 さいごに、その迷信は カンボジア人にって 大切なものです。 安全のために、一生懸命 たくさんのことを 注意したり、大切に したり、しないとものです。 カンボジアには 山が たくさんありますから、 時々山を とおるときは、その迷信のとおりにしましょう。

 

 

Advertisements

One thought on “カンボジアの山登りの迷信

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s